グルッペ、種をまく。

ご縁があって群馬県に畑を借りることになりました!
無農薬でおいしい野菜、いつも売ってはいるけど
作るとなったら実際どんなに大変なコト?!

やってみようそうしよう…
<< 稲苗の様子 | main | 苗はすくすく >>
田んぼ工事
0

    田植え前にやっておかなくてはならない事。それは、今年こそ田んぼに排水口をつける事です。

    今までなかったんかい、というお声はごもっともな訳ですが…

    田んぼを借りた当初は、一応田んぼの奥面に排水口の残がいのようなものはあったのです。でもパイプもぼろぼろで、ただの水漏れ箇所のようになっていたので、あぜシートを張るときに埋め立ててしまっていたのでした。


    田んぼに、水入口があっても排水口がないという事は、自然排水(あふれるがまま)という事でして。

    去年の冬に荻窪店にご来訪頂いた石山農産さんに、排水口を取り付けて水の管理をしっかりするように、とご教授されたのでした。

    (結局現地にいなければ細かな管理はできないとは思いますが)


    前置き長くなりましたが、そういう訳でちょっとした工事に取り掛かったのでした。



    といっても排水口自体は、程よい深さに穴を掘って、埋め込むだけです。ちなみにこの排水口もパイプもネットで入手。便利な世の中ですな…


    (パイプの穴を掘っている時に、冬眠中?の20センチくらいのアオダイショウをくわで真っ二つにしてしまいました。ゴメン。)


    大変だったのは、周りのあぜシートでした。

    想定したよりも厚みがなくて、上から金づちで叩いて埋め込めるかと思っていたのに、

    薄くてペコペコしてしまう。

    なのでまず田んぼ周りを掘って、シートをあてがってまた埋め戻すという仕事になり、割とハード。

    これ、何年か前にも、もっと耐久性のないタイプの薄ーいシートを埋めた事あるのですが、その時も大変だったのでわざわざ厚めのやつを選んだのに…失敗でした。


    心折れそうなその時、

    田んぼの中でロータリーをかけてくれていた専務がすごいいい技を思いついてくれました!



    少し傾いてるの分かりますか?

    トラクターの水平制御装置を逆手にとって(?)、ワザとギリギリまでロータリーを傾け、左端だけ深く掘っているのです!

    さらにこの後、ロータリーを逆回転させることで、より深く掘れることも発見。

    端に溝ができたところでシートを伸ばし、仮押さえしているところに、また逆回転ロータリーで土を寄せていく。

    すると、こんな感じに。



    写真はすごく斜めに見えますが、ちゃんと段ができているので水止めには十分です!少し曲がっているのは…ご愛嬌。

    本当に、この人の頭の柔軟さには割と感心させられます。というかこれが正規のやり方なのかしら?と思ってしまう(^^)


    田んぼの中の平らでない箇所も、ロータリーの回転は止めたまま、押さえを下ろして引きずり走るというやり方でだいぶ平らにしてもらえたと思います。


    今年は雨も降りそうだし、代かきまで順調にいくといいなと思います!


    畑の方は、人参やじゃがいもが順調に生育中。間引きや草取りも何とか追いついています。

    次回はにんにくの掘り上げ予定です!



    | | - | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog-farm.gruppe-inc.com/trackback/303
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE