グルッペ、種をまく。

ご縁があって群馬県に畑を借りることになりました!
無農薬でおいしい野菜、いつも売ってはいるけど
作るとなったら実際どんなに大変なコト?!

やってみようそうしよう…
<< 夏の田んぼはこんな風 | main | 田んぼ危うし >>
台風、そして来年の私への伝言
0
    台風、行っちゃいましたね。
    関東各県、ひどい雨だったようですが、
    群馬県富岡市はそれ程でもなかった感じです。

    21日はよく晴れて、畑も午後には乾いたので、トラクターもかけられました。
    父にやってもらってる間、私は家と畑をぐるぐるぐるりと草刈り。
    その際家の壁に沿って設置されていたプロパンガスのアルミホースを、うっかり草刈り機で切断してしまうという痛恨のミスを犯しました…(涙)
    ガス屋さんの迅速な修理対応で事なきを得ました。以後気をつけます…

    今日22日はいよいよ台風予報でしたが、午前中は割と普通の雨&たまの止み間だったので、田んぼの草取りを頑張りました。
    稲より飛び出た大きい草は父が昨日のうちにとってくれたのですが、
    中くらいの背丈の草が思ったよりもたくそん生えていて手こずりました。
    ひえが稲の株元で見た目が擬態しているのも多く、ひえに囲まれて分けつを阻まれている株も多い印象…
    田植え後の早い段階で、これらをもっと排除できるように工夫が必要だと痛感。
    お世話できる日数も限られているんだし、もっと効率的に…


    草を取りながら、来年は、セルトレーで育苗してみようと決めました。
    今までトレーにばら撒きして、田植え時に苗をほぐしてちぎって植えてましたが、
    それだと根っこの植え傷みがひどいから活着に時間がかかり、
    ひえに生育が追いつかれてしまうのではと思い至りました。
    細かく仕切られたセルトレーに2粒位ずつ種もみをまいて育苗すれば、
    田植え時はセルからスポッと引き抜いて簡単に植えられる(はず)なので、
    根っこが傷まず、すぐに根付いて、
    ひえに生育が負けない→簡単に見分けがつく→草取りでひえを見逃さない、という予想。

    いつも水不足とかで田植えが遅れがちなので、
    すぐに根付かせればその分稲の分けつに必要な日数も確保できるし。

    本で見たチェーン除草も試せるかも!

    こりゃあいいことしかないな、絶対そうしよう、そうすべきだ、いやそれしかない!と心に決めました。(この間ちゃんと手も動いてます)


    午後は、さて雨風強くなる前に出発…と思ったのですが、東京にいる人から「こっちはすごい嵐だし、高速が危険すぎるから夕方まで待ったほうがいい!」と助言が。

    協議の結果、明日はお店のシフトも入っていないので、帰らずに泊まって、明日帰る事に。
    というわけで明日も田んぼの草を攻めるぞ〜!(げんなり)
    | | - | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog-farm.gruppe-inc.com/trackback/276
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE